2012年5月アーカイブ

千葉県の弁護士会は、出会い系サクラサイトの被害者を対象に、電話相談を行ったようです。

しかし、法律のプロである弁護士ですが、出会い系サイトのプロではないので、

どこまで突っ込んでくれたのかが気になりますね。

「サクラ」かどうか分からない微妙なケースもあるでしょうし。

「騙されないためには、やらないのが一番ですね」と言ってしめられたりして、、、
出会い系サイトを脱税で告発 所得隠しは2億6000万円だそうです。

出会い系サイトはうまく行けば、すごく儲かるようですね。

男性も女性もこっそりと出会いを求めていることが分かります。

「こっそりと」が重要で、自分の身元を明かさずに出会いを求めるため、

下手な出会い系サイトに引っかかって、利用料をふんだくられるのでしょう。

これからの出会い系サイトは、お互いに身元を開示するように変わっていくかもしれません。
サクラサイトが消えない。

なぜなら利用する人(引っかかる人)がいるからです。

利用する人が悪いと言いたいのではないのですが、

利用する人が下心をもっているのがいけないのでしょう。

「お金」「異性」の二重攻撃には、ついやられてしまうのは理解できます。

私も目の前に差し出されたら、甘い罠につかまってしまうかもしれません。

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。